インターネットを使わない広告活動【手提げ袋が最適】

繰り返し使える宣伝広告

デザイン性が大切

手提げ袋

インターネットやテレビ、書籍など広告を見掛ける場はたくさんありますが、消費者にとって最も身近なものといえば、手提げ袋です。店舗で商品を購入した際に使用される袋は、持ち歩く買い物客はもちろん、街中の不特定多数の人々が目にするものです。今まで自社ブランドに興味を持っていなかった人や、そもそもブランドの名前すら知らなかったという人の目にも触れるので、良い宣伝になります。このように、手提げ袋は、商品を自宅まで運ぶという以外にも、宣伝広告として大きな役割を果たしてくれるのです。手提げ袋は一度だけでなく、複数回使いまわされる可能性が高いです。特に、女性は気に入った手提げ袋を繰り返し使う傾向にあるので、企業はデザイン性が高く頑丈な袋を用意すると良いでしょう。あまり奇抜なデザインは使用しにくいので、シンプルなデザインが好まれます。また、広告としての役割を期待するのであれば、自社名は大きくハッキリと掲載しておきましょう。手提げ袋は、印刷所で簡単に作製できます。大量に注文するほど単価は安くなるので、注文する際にはまとめて依頼しましょう。個人経営で大量には作れないという場合には、小ロットに対応している印刷所を頼ると良いでしょう。自社製品に合わせて手提げ袋の形を決めたい、持ち手の長さにこだわりたいなどの特別な要望があるなら、手提げ袋の専門業者もあるので、相談してみましょう。デザインから素材まで、自社に合った理想通りの手提げ袋を作製してくれます。

処分されないデザイン

メンズ

インターネットの普及率が上がった現代では、各企業が争うように自社を知ってもらおうと広告を出しています。パソコンだけではなくスマフォの所有者が、増えたことでインターネットの広告を目にする機会が多くなったのは確かです。しかし各企業が同じような広告を出していては、人の記憶のどれだけ残り購買意欲を刺激できるのかという問題が生じます。例えば面白いデザインや鮮やかな色彩などは、詳細は分からずとも記憶の片隅に残りやすいのです。企業の名称やロゴを、意匠化してデザインに組み込むのも覚えやすくなるので広告効果が高くなるでしょう。インターネット広告もよいのですが、他の企業よりも目立ちたいのならオリジナルデザインの手提げ袋が効果があります。百貨店やブランド専門店で、購入すると商品を入れてくれるのがオリジナルデザインの手提げ袋です。この手提げ袋は、無地で無難な形から洒落たデザインのとっておきたくなるタイプまで色々あります。購入する側としては、洒落たデザインの方が持って歩いても嬉しいし使用後でも処分したりはしません。この処分されない手提げ袋は、購入者だけでなく家族や知人が、利用することもあるので広告効果は倍増します。手提げ袋は購入した商品を、持ち運びしやすいようにと販売する側が用意したものですが、外見を工夫すると本来の仕事以上に力を発揮してくれるのです。単なる商品を詰めるためだけでなく、販促ツールの一つとして認識しましょう。商品の大きさやブランドのイメージを、アップするのにも役立ってくれるアイテムになってくれます。

1部あたりのコスト

印刷

店舗宣伝用のポスターは、基本的には貼ってある場所を通りがかった人にしか見てもらえません。そのため人通りの多い場所に貼らなければ、高い宣伝効果が期待できません。とはいえそのような場所に掲示するためには、費用が多くかかります。たとえば駅に掲示する場合、地域やポスターの大きさにもよりますが、7日間で2〜5万円の費用がかかるのです。そのことから店舗アピールには、手提げ袋がよく利用されています。手提げ袋なら、それを持ち歩くだけで、いつでもどこでも店舗の宣伝ができるのです。もちろん手提げ袋の製作費用はかかりますが、頑丈なクラフト紙やコート紙で作る場合でも、1部100円程度となっています。薄いポリエチレンの手提げ袋の場合は、1部30円程度で作ることが可能です。しかも部数が増えるほど、単価は安くなっていきますし、それでいて持ち歩く人数が増えるため、宣伝効果が高まっていくのです。加えて手提げ袋の場合、破れたりハンドル部分が切れたりしなければ、何度でも再利用できます。ポスター掲示のように、期間が決められていない分、長く宣伝を続けることができるのです。さらに手提げ袋は多くの場合、商品を購入した客に会計時に渡されます。そのため宣伝により購入客が増えれば、その購入客が手提げ袋を持ち歩くことで、店舗はさらに広く宣伝されることになります。このように店舗アピールに非常に便利なので、手提げ袋は宣伝ツールの中でも特に人気となっています。

「最高の広告塔」を作る

印刷機

顧客の購入した商品を、自社オリジナルの手提げ袋に入れるということは様々なメリットがある。手提げ袋は宣伝になるのだ。また、顧客に高級感や満足感を与えることができ、リピーターとなっていただける可能性も高くなる。まさにコストパフォーマンスの良い広告媒体なのである。

もっと読む

繰り返し使える宣伝広告

手提げ袋

手提げ袋は、街中で広告の役割を果たしてくれます。繰り返し使用してもらうためにも、デザイン性の高い頑丈な手提げ袋を用意しましょう。手提げ袋の専門業者に依頼すれば、形やデザイン、素材など自社の要望通りの手提げ袋を作製してくれます。

もっと読む

エコバッグにすると役立つ

婦人

企業では自社や商品のPRののために、手提げ袋を制作することがあります。エコバッグとして利用できるように、特に女性向けにデザインをすると重宝されるはずです。実際に手提げ袋を使って自然とPRしてくれる女性たちが増えてきています。

もっと読む